え?こんな使い方があるの?貸し会議室を意外な利用方法

>

貸し会議室ってこんなところ!

普段はこんな風に使っています

意外な使い方を説明する前に、まず貸し会議室がどのようなサービスであるかを説明していきたいとおもいます。

このサービスは企業が管理している部屋、ホールを一定の時間や日数で区切り顧客にレンタル契約をしているサービスを指します。
規模は企業によっても異なりますが、5~6名で入る小規模なスペースから数百人単位の大きなホールと様々です。近年ではさらに小規模の個室のようなスペースを提供してくれるところもあります。
そこにはホワイトボードやプロジェクターが用意されており、会議やプレゼン、研修がスムーズにいくような配置になっています。セミナーや勉強会、研修を目的とするのが一般的で、駅の近くやオフィス街の近くでスペースを提供していることが多いといえます。

設備が充実しているところも

ビジネスの場で使う場合ネット環境を完備している、または集中できるように空調や室温管理を徹底しているところもあります。
さらには照明にもこだわっている企業もあるらしく、よりビジネスに集中しやすい環境造りをしてくれています。
またビジネスとして利用する場合、社外秘の情報を説明したり資料にしたりすることもあります。そのため会議が終わったあとに書類を専門の業者へ引き渡して処分をしてくれるサービスや、防音加工をしているので周りに音が漏れることがないように工夫をしています。

貸し会議室によって様々な設備やプランがありますので、自分に合わせて選択していただければとおもいます。ネットでの予約ができるところもあるので、余裕をもって契約ができます。


この記事をシェアする

TOPへ戻る↑