え?こんな使い方があるの?貸し会議室を意外な利用方法

>

注意事項は絶対守りましょう

変動費って知っていますか?

ビジネスでよく使われる変動費ですが、実は貸し会議室で注意しなければいけないポイントなのです。
変動費というのは状況によって費用が変わる経費を指し、貸し会議室に関しては毎日利用するものではないので、変動費として扱われます。固定費よりも安くなるとおもわれていますが、使い方によってはコストがかさんでしまうこともあります。例えば契約するにあたって、当初予定していた時間を超過してしまった場合は、別途料金がかかります。

また日数契約、時間契約を見落としてしまうとコストは大きく変わります。貸し会議室の需要は年々増えているのですが、それによって必ず希望の場所をレンタルできるとは限りません。
ネットでのリアルタイム予約は非常に便利ですが、多くの方が閲覧していることを忘れないでください。

オプションは細かにチェック

便利なサービスで様々なオプションがあるといって、アレコレ使っているとオプション料金が高額になる可能性があります。

ビジネスタイプの貸し会議室だとホワイトボードやそれに付随しているペン、またはWiFiスポットは無料オプションとして利用できることが多いのですが、プロジェクターや追加での印刷が必要になった場合、会議が終わったあとの資料破棄といったサービスは有料である可能性が高いといえます。

キッチンやペンションのようになっている貸し会議室に関しては、レンジや調理器具を有料オプションとして提供していることがほとんどです。そのため自分が何をしたいのか、それにはどのような設備や道具が必要なのかを考えた上で、契約するのがベターです。


この記事をシェアする

TOPへ戻る↑